2011年07月08日

同じグループの文字列をxmlで定義し、配列として参照するには

同じグループの文字列をxmlに書いておいて、それをプログラム側で使いたい。

例えば、対応機種かどうかチェックするときなど、対応機種をxmlに書いておき、機種が増えるごとにそのxmlに追加していけば、プログラムの変更を不要にしたいときなど。

XML

ファイルを置く場所
res/values/filename.xml
※filename は任意です。


    
        text_string1
        text_string2
    

<string-array> 要素の name はリソースIDとして参照されます。

Java

String[] strArray = getResources()
       .getStringArray(R.array.string_array_name);
for(String s : strArray){
    Log.d("array",s.toString());
}

参考

String Resources | Android Developers - String Array

posted by やし at 02:31 | Comment(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。