2012年05月19日

Go1をソースからインストールした。

まえおき

Goのインストールは基本的には、下記URLから。
http://golang.org/doc/install
Mac OS Xだと、packageで用意されてます。

ソースからインストールするには、下記URLから。
http://golang.org/doc/install/source

簡単に書くと、Mercurialで落として、 bashたたいて、hello world実行できればOK。以下は実際にやった操作と結果。

実際の操作と結果

% hg clone -u release https://code.google.com/p/go
警告: code.google.com の証明書(fingerprint は 8f:xx:xx:xx:xx....)
検証は省略 (設定ファイルの hostfingerprints ないし web.cacerts 設定を確認のこと)
複製先ディレクトリ: go
全チェンジセットを取得中
チェンジセットを追加中
マニフェストを追加中
ファイルの変更を追加中
13156 のチェンジセット(49748 の変更を 7222 ファイルに適用)を追加(+5個のヘッド)
ブランチ release-branch.go1 へ更新中
ファイル状態: 更新数 3206、 マージ数 0、 削除数 0、 衝突未解消数 0
%
                            
% cd go/src
% ./all.bash
Building C Bootstrap tool.
cmd/dist
Building compilers and Go bootstrap tool for host, darwin/amd64

ALL TESTS PASSED

---
Installed Go for darwin/amd64 in /home/you/go
Installed commands in /home/you/go/bin
%
                            
% cd ../test
% ../bin/go run helloworld.go
hello, world
                            

ちょっとこまってること。

先日GAE/Goをインストールしたのですが、 GAEのディレクトリのgoコマンドと、上記でインストールしたgoコマンドがかぶってしまって、GAE/GoをやりたいときはGAEディレクトリのgoコマンドを、 GAEじゃないgoをやりたいときはそちらのgoコマンドを使いわけたいのだが、どうしたらいいか分からないので、直打ちにいっている というダサい感じになってしまってるのが、困ってることでした。ちょい面倒なだけなんで、いいんですが。(たぶんshellの設定で行けそうな気がするけど、分からない^^;)

タグ:Go golang
posted by やし at 11:55 | Comment(0) | golang | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。