2012年07月06日

golangでかかった処理時間を計算するには?

start := time.Now();
// 処理
end := time.Now();
fmt.Printf("%f秒\n",(end.Sub(start)).Seconds())

end.Sub(start) は、end - start

Seconds()関数は、float64を返します。

タグ:golang
posted by やし at 22:02 | Comment(1) | golang | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

     このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
やし(管理人) | URL
プロウグラムの処理時間なら、Nanoseconds()も出した方がいいかもしれないとのご指摘を頂きました!
https://plus.google.com/u/0/103136005429296369032/posts/DAk49x1jM56
2012年07月07日 12:30

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。